自分の洗濯物の中に洗ってはいけない物があるかチェック!

コインランドリーに行こう!

みなさんはコインランドリーを利用したことがありますか?
洗濯機が自宅にある方はなかなか利用することが少ないかもしれません。
しかし引っ越したばかりで洗濯機がなかったり、急に自宅の洗濯機が故障してしまった場合はもちろん布団のシーツなど大きなものを洗濯する際にもコインランドリーを利用する機会があるかもしれません。
コインランドリーではTシャツなどの衣料品はもちろん、カーテンやシーツなどの大型のもの、そして中には靴が洗える洗濯機もあったりします。利用方法は簡単で、洗いたいものを持参したネットにしっかりと入れて、お金をランドリーの機械に入れるだけです。洗剤もランドリーから自動で出てくる仕組みとなっているので気軽に洗濯できます。また乾燥器が併用されて置いてあるので、洗濯とはまた別料金とはなりますが、乾燥機を利用すれば乾かす手間も省け、干して乾かすよりふわふわな仕上がりとなって出てくるのも魅力の一つです。

コインランドリーの落とし穴?

コインランドリーに行ったことがある方ならわかるかもしれませんが、コインランドリーの洗濯機は自宅のものより容量が大きいものが多いです。容量に満たさないままでも動きますが、お金を入れて洗濯するのでどうせなら、容量の許す限り入れたくなりますよね。そこが小さな落とし穴です。たくさん洗濯しようとした結果、普段はあまり洗ったことのないものもまとめていざ回してみれば色落ちするものだったり、服が傷んでしまったということもあるようです。さらに大きな落とし穴となってしまうのが乾燥機です。コインランドリーで洗濯する多くの方は洗濯機利用後、乾燥機を利用します。乾燥機を普段使わないけどコインランドリーでは使うといった方も多いので、うっかり乾燥機にかけて衣類が縮んでしまうという失敗をされる方もいるようです。しっかりと洗濯表示マークを確認し利用するようにし自分で落とし穴を掘って落ちてしまわないように気をつけましょう。